新品と中古品の違い


オフィス機器として複合機やコピー機はなくてはならない存在です。しかしながら、導入資金は結構な額になりますので、新品で導入するよりも、中古コピー機の導入がお勧めです。ただし、中古品と聞いてその寿命や機能について不安に思われる事業主の方もおられることでしょう。複合機やコピー機について、新品と中古品の違いについて考えてみましょう。

中古コピー機の大きなメリットとして、初期費用が大幅に安く抑えることができる点が挙げられます。中古コピー機を導入する最も大きな目的は、価格面のメリットに尽きると言っても良いでしょう。最近では、中古コピー機と言っても、最新機器に劣らない多機能な機器が中古として売られていることもありますので、タイミングによっては安くて高機能の中古品に出会う可能性もあります。

あるいは、社内で必要な用途を絞って考えた場合に、使える中古コピー機もたくさんあります。また、もう一つのメリットに、納期が早いという点があります。新品の場合、受注してから基本機能にオプション機能を加えていく為、納期がかかる可能性があります。中古品はその点、既にある商品である為、注文を受けすぐに納品が可能となりますので、検討する価値があると言えるでしょう。