リースと中古品の違い


複合機やコピー機を中古品で導入する場合と、リースで導入する場合の違いについて考えてみましょう。中古コピー機は新品を導入するよりも格段に値段を安くすることができるというメリットがありますが、リースで導入する際と比較するとどうでしょうか。

中古コピー機とリースでの導入との違いは、そのランニングコストにあります。リース導入の場合、初期投資がほとんどかかりませんが、ランニングコスト面で言えば、リース料はかかりませんので、必要な経費はトナーやカートリッジ、コピー用紙といった消耗品のみになります。また、新品同様、中古品であっても、購入した場合においては、会社名義の所有物になりますので、使用しなくなった場合にはまた買取してもらうことも考えることができます。

リース契約での導入の場合は、初期費用は中古に比べて抑えることができますが、長期契約となりますので、中途解約は不可、また、契約期間終了と共にリース会社のものとなる為、続けて使用する場合はまた再度契約が必要になるという手間が発生します。また、長い目で見た場合、トータルで支払う合計は中古での導入より高くなることがあります。これは本体価格以外にも金利や保険料、保障料金等が含まれる為です。