中古コピー機の活用

複合機の導入方法について、新品やリースでの導入と比較してきましたが、それぞれにメリットがあります。ただし、ある程度の機能が絞れていて、値段を安く導入したいと考えるのであれば、やはり中古コピー機がお勧めと言えるでしょう。オフィスでの使用用途や希望、条件によって、必要になるスペックや機能が異なりますので、よく検討して導入方法を考えるようにしましょう。中古コピー機とは言っても、丁寧に長く使い続けることで、長期的に見て安いコストで使用することも可能です。まずは中古コピー機を扱う業者に問い合わせをして、どんな商品が適切か、見積りをとると良いでしょう。

中古コピー機の最大の魅力は価格にあります。何台か導入する必要がある場合には、導入費用にかなりの差が出てきます。その他の導入方法と比較して、その会社に合った導入方法を考えましょう。中古品でも、アウトレット品や型落ち品、あるいは大量在庫等によって安く購入できる商品もあります。

あるいは決算期のセール品をチェックしてみる等、中古品でも十分仕事に堪えうるスペックの商品もあります。ただただ激安であるという理由で決定せず、様々な商品の見積りを比べて導入を検討されることをお勧めします。

リースと中古品の違い

複合機やコピー機を中古品で導入する場合と、リースで導入する場合の違いについて考えてみましょう。中古コピー機は新品を導入するよりも格段に値段を安くすることができるというメリットがありますが、リースで導入する際と比較するとどうでしょうか。

中古コピー機とリースでの導入との違いは、そのランニングコストにあります。リース導入の場合、初期投資がほとんどかかりませんが、ランニングコスト面で言えば、リース料はかかりませんので、必要な経費はトナーやカートリッジ、コピー用紙といった消耗品のみになります。また、新品同様、中古品であっても、購入した場合においては、会社名義の所有物になりますので、使用しなくなった場合にはまた買取してもらうことも考えることができます。

リース契約での導入の場合は、初期費用は中古に比べて抑えることができますが、長期契約となりますので、中途解約は不可、また、契約期間終了と共にリース会社のものとなる為、続けて使用する場合はまた再度契約が必要になるという手間が発生します。また、長い目で見た場合、トータルで支払う合計は中古での導入より高くなることがあります。これは本体価格以外にも金利や保険料、保障料金等が含まれる為です。

新品と中古品の違い

オフィス機器として複合機やコピー機はなくてはならない存在です。しかしながら、導入資金は結構な額になりますので、新品で導入するよりも、中古コピー機の導入がお勧めです。ただし、中古品と聞いてその寿命や機能について不安に思われる事業主の方もおられることでしょう。複合機やコピー機について、新品と中古品の違いについて考えてみましょう。

中古コピー機の大きなメリットとして、初期費用が大幅に安く抑えることができる点が挙げられます。中古コピー機を導入する最も大きな目的は、価格面のメリットに尽きると言っても良いでしょう。最近では、中古コピー機と言っても、最新機器に劣らない多機能な機器が中古として売られていることもありますので、タイミングによっては安くて高機能の中古品に出会う可能性もあります。

あるいは、社内で必要な用途を絞って考えた場合に、使える中古コピー機もたくさんあります。また、もう一つのメリットに、納期が早いという点があります。新品の場合、受注してから基本機能にオプション機能を加えていく為、納期がかかる可能性があります。中古品はその点、既にある商品である為、注文を受けすぐに納品が可能となりますので、検討する価値があると言えるでしょう。

複合機の初期導入

新しくオフィスを開く、企業するという事業主の方にとって、初期投資はできるだけ抑えたいものです。しかしながら、オフィス機器を新しく揃えるとなると、大切な資金が一気に出てしまい、会社の運用に回せるお金が少なくなってしまいます。特にコピー機や複合機は、なくてはならないオフィス機器であり、書類作成やスキャン、FAX、データ読込等、作業効率を高める機能は、オフィス業務にとって、今や必要不可欠となっていますので、導入しない訳にはいかない機器と言えます。

もちろん家庭用の安い機器を導入すれば、費用は抑えることができますが、機能的に効率が悪く、結果仕事の効率に影響を及ぼしますので、そこはきちんと業務内容に合わせたスペックを持つ複合機やコピー機を導入する必要があります。複合機は高いスペックを持つものが全ての企業に適しているという訳ではありません。逆に、安ければ安い程良いという訳でもありませんので、どこに重点を置くかを見極め、月間印刷枚数をしっかり算出し、業務内容で必要になる機能等は、担当者と社内できちんと話し合う必要があります。

同じ機能を持ち、初期費用を抑えたいと考えるのであれば、お勧めする購入方法として中古を購入するという手段があります。会社を立ち上げるのに、新品でなければいけないということは決してありません。中古でも新品同様に使えるものもあります。中古の複合機やコピー機の導入についてのメリット等説明します。